美容歯科でも保険でできる白いかぶせ物(CAD/CAM冠)

CAD/CAM冠

虫歯が大きかったり、神経のない奥歯はダイレクトボンディングでは歯の形を治せません。そんな場合は、保険ではCAD/CAM冠という治療で白い歯に治療できます。

CAD/CAMとはComputer aided design/Computer aided manufactureの略で、コンピューターでデザインしコンピューターを利用して製作するという意味です。

保険適応のCAD/CAM冠は、型取りして製作した模型をスキャンし、コンピューターを使って設計、3次元切削加工機で歯の色の樹脂ブロックを削り製作したプラスチック製のかぶせ物です。

前歯・小臼歯に使える樹脂ブロックは硬質レジン製です。
大臼歯に使える樹脂ブロックには硬質レジン製のものとポリエーテルエーテルケトン(PEEK)製のものがあり、歯の状態によって使い分けます。

CAD/CAM冠のメリット

  1. 歯に似た色なので、銀歯に比べて見た目がよい。
  2. 金属ではないので金属アレルギーを起こさない。
  3. 料金はセラミックに比べ安価でできる。

CAD/CAM冠のデメリット

  1. CAD/CAM冠で使うプラスチックは徐々にすり減ります。また、耐久性や強度が劣るため破損の危険性があります。歯ぎしりや食いしばりが強い方は要注意です。
  2. CAD/CAM冠は銀歯のかぶせ物に比べてはずれやすいです。
  3. セラミックほど色のバリエーションがなく、またしばらくすると表面が劣化し、艶がなくなります。

銀歯をお勧めしない理由

① 有害性の問題

世界的には歯の治療には、体に有害な金属が使われなくなっています。すべての金属には金属アレルギーを起こす可能性があるのですが、なかでも保険治療で使われているパラジウムは、金属アレルギー検査で約半数の人に陽性反応が出ます。

日本における金属アレルギーの増加は、金属を埋め込む治療を第一選択としている歯科の医療保険に責任があると言っている皮膚科の医師もいます。

② 精度と病気の再発の問題

治療した歯を虫歯や歯周病の再発から守るためには精度の高い治療をする必要があります。精度の低い治療をした歯は、どんなに丁寧に歯磨きをしても必ず虫歯や歯周病が再発します。

精度の高い治療をするためには、精度の高い材料を使わなければいけません。

保険では治療に使う材料が国によって決められていますが、金銀パラジウム合金は精度が低く、歯にきちんと適合しません。精度の高い材料は保険治療では使用できません。

そのため気づかない間に虫歯が再発していることが非常に多いです。

ご予約はこちら

予約専用:03-6447-4360

大変申し訳ございません、お電話ではご質問にお答えできません。受診された際に歯科医師にお尋ねください。

完全予約制 電話受付 9:30~15:00

火曜休診・土日祝日通常診療(初診は13:40まで)

臨時休診日はページ下のカレンダーでご確認ください。

ACCESS

表参道歯科アールズクリニック

東京都渋谷区神宮前4-2-17 青山R夏野ビル3a
表参道駅A2出口より徒歩1分

Googleマップで見る
2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

午後休

美容歯科・審美歯科ので使うセラミックは口の中で金属イオンとなって溶け出したりしないため化学的安定性が高く、歯の色に近い色調を作れるため審美性に優れています。